神社のおまいり作法

神聖な場所に参詣する前に知っておくべきこと

初詣参拝神社にお参りするのは年に1回、初詣のときくらいというかたも多いのではないでしょうか。大きな神社になると、お正月は大変な人出です。人ごみに押されて、やっと本殿の前にたどりつき、エイヤっとお賽銭を投げてパンパンと手を叩いたと思ったら、また人の波に押されて、あっという間にお参り終了。

 そんな状態だと、正しい参拝方法は、なかなか身につきません。本来、神社は神聖な場所ですから、そこに足を踏み入れる時は、それ相応の作法があるのです。なんといっても相手は神様、正しい参拝方法で、失礼のないようにお参りしたいもの。以下、参拝方法の基本を確認してみましょう。


清潔な服装で

清潔な服装でお参り「心身ともに清らかに」が基本。お参りするときは、普段着でもよいから清潔な服装で。短パンやTシャツのようなラフな服装はできるだけ避けるようにしましょう。お宮参りや厄払いなど、正式に初穂料(はつほりょう)を納めて祈祷をお願いする場合は、社殿(しゃでん)に上がることになるので、スーツなど正装を着用することが望ましいですね。



鳥居は聖と俗の境目

鳥居は聖と俗の境目鳥居をくぐったら神様の領域。鳥居から本殿まで続く道を「参道」といいますが、真ん中は神様の通り道。われわれ人間 は神様に遠慮して、なるべく端を歩くようにます。 



鳥居から拝殿までの作法

手水場まずは手水場(ちょうずば)で手と口を清めます。手順は柄杓(ひしゃく)をとって左手・右手の順で洗い、左手に水をうけて口をすすぎます。柄 杓に直接口をつけるのは×。最後にもう一度左手をすすいだら、柄を縦にして水を伝わせ て流します(次に使う人のため)。柄杓は伏せて置きます。



お賽銭 お賽銭を神様に捧げましょう。神社のお賽銭は、もともとは、お米をおひねりにして奉納したものでした。乱暴に投げ入れるのはよくないですが、「自分の厄を除く」という意味もあるので、軽く投げることはOKです。




お賽銭箱の上にある鈴賽銭箱の上にある鈴の音には、魔よけの力があるといわれています。あたりを清めるつもりで、力強く3回鳴らしましょう。



2拝2拍手1拝神社のお参りの基本は2拝2拍手1拝です。本殿の前にきたら、おじぎを2回。そして、手を肩幅くらいに開いて拍手(かしわで)を2回。願い事を終えたら、最後に一礼します。お参りが終ったからといってすぐに神様にお尻を向けないよう、2~3歩は前を向いたまま後ろに下がりましょう。



お礼も忘れずに

 願い事が叶ったら、神様へのお礼の気持ちをこめてお礼参りも忘れずに。

以上が基本的な参拝作法ですが、一番は「神様をうやまう気持ちが大切」ということですので、ちょっとくらい間違えても気にすることはありません。