おまもりについて

おまもりは神仏から授かったパワー

基本的に「有効期限」は1年間

授与所 災厄から守ってくれたり、願い事が叶うように守ってくれたりするのが「おまもり」です。交通事故にあったのに「奇跡的に助かった」とか、「ケガが軽くて済んだ」という人から、「お守りの中の板が割れていた」という話を聞いたことはありませんか?神社やお寺できちんとご祈祷されているものですから、やはりそこには神聖な力が宿っていると考えて、大切に取り扱うようにしましょう。


古札納札 お札もおまもりも、神様や仏様の新鮮なパワーをいただくために、基本的に毎年新しいものを受けるものですので、有効期限は1年間と考えてください。古くなったお札やお守りは、それを受けた神社やお寺に納めるのがベストですが、旅先など遠い場所で受けた場合は、近くの神社やお寺に納めても構いません。


身につけることで、ご利益アップ


バックにお守りをつける おまもりは身に付けるのが一番ですが、それができない場合は、いつも持ち歩くバッグに入れておくとか、なるべく身近に持つようにしましょう。扱いはくれぐれも丁寧にするように気をつけます。また、違うお寺や神社のおまもりを複数持っているのは、あまりよくありません。数を集めることはせずに、自分の願い事に優先順位をつけて、本当に願いたいことにご利益のある神社やお寺のおまもりを、せいぜい1体か2体、大切に持つようにしましょう。



破魔矢(はまや)・絵馬について

破魔矢 初詣のときに神社で受ける破魔矢(はまや)。その名のとおり「魔を破る」ということで、災厄を祓う縁起物として信仰されています。もともとは、その年の作柄を占うための弓射の儀式に由来するといわれ、破魔弓(はまゆみ)とあわせて一対となっていました。こちらもお札やお守りと同じく1年ごとに新しいものを受けるようにします。破魔矢を置く場所や矢の方向に特に決まりはないので、神棚や床の間など清潔な場所を選んで飾りましょう。

絵馬 また、願い事を書いて奉納するのが、おなじみの「絵馬」です。絵馬の由来は、もともと本物の馬を奉納していたことによるといわれています。そのため、当初は馬の絵が描かれていましたが、その後、家内安全や病気平癒など人々の願いの内容に合わせて、さまざまな絵柄が描かれるようになりました。