おみくじについて

おみくじは神仏からのメッセージ

真剣勝負でひく

おみくじ 神社にお参りしたとき、「あ、おみくじ引いてみよ~」などど、気軽に引くことが多いのではないでしょうか。最近はお寺でもおみくじを置いているところが多いようですが、おみくじは漢字では「御神籤」と書くように、もともとは「神様からのアドバイスを聞く」ためのツールです。その昔、国家の一大事に際して占いをたてたり、その年の気候や作柄などの占いを執り行ったのは神官でした。「占い=神様の言葉を聞く」という行為は真剣に行われ、かつ神聖なものだったのです。ですから、簡易バージョンとはいっても神様の言葉を聞くのですから、おみくじも真剣に引くようにします。「凶」が出たからといって、もう一回引きなおすなどというのは厳禁。神様の言葉を真剣に受け止めていないということですから、バチ当たりものです。おみくじを引くときは、心をしずめて一回だけ引きましょう。

凶が出たら、どうするか

おみくじ では「凶」が出たらどうするか。ハッキリ言って落ち込みますね。しかし、おみくじには、失せ物、待ち人、結婚、引越しその他もろもろ細かいアドバイスの冒頭に、あるときは漢詩のような、あるときは和歌のような、不思議なメッセージが書かれているはず。それこそ神さまからのアドバイスと捉え、「こういうことに気をつければ、災難は避けられるのね~」くらいに思って、今後の行動指針にしましょう。


おみくじ箱 どうしてもネガティブ思考に走ってしまうようなら、神社の木の枝に結びつけて「厄落とし」と解釈してしまう手もありますが、おみくじを神社の枝に結び付けるという行為には、特に根拠がないようです。




やっぱり、ガラガラふってみたい

おみくじのガラガラ 現在、山口県の女子道社というところが、おみくじ製造のシェアを誇っているようですが、神社によってはオリジナルのおみくじを作っているところも。また、お金を入れると「ぽいっ」という感じで出てくる自販機形式もありますが、棒がたくさん入った箱をガラガラ振って、出てきた棒の番号をおもむろに報告し、おみくじを手渡してもらう行為には、やはり趣きがありますよね。自分なりのスタイルをもって、「おみくじ道」を究めてみるのも面白いかもしれません。