厄年について

人生をリセット

厄年は人生の節目?


厄「厄」という言葉には、災いや苦しみと言った意味があります。人生は山あり谷ありで起伏があります。そのなかでも、とくに災難や不運に遭遇しやすい年齢を厄年といいます。

 厄年の年齢は数え年で、男性が25・42・61才、女性が19・33・37才とされます。もとは陰陽道で災難にあいやすい歳として、1年間を忌み慎むとされた年齢でした。

 それぞれ厄年の前後には前厄(まえやく)と後厄(あとやく)があり、また男性の42才、女性の33才は大厄(たいやく)とされます。厄年にあたる年齢は、体力的・社会的・家庭的に転機となる年齢であるため、あらかじめ用心して過ごしなさい、という戒めでもあるといわれます。また、一方で江戸時代以前の農村では、厄年を迎えた男性・女性は神社仏閣の社会的行事や神事の役目を与えられていました。このことからも、『人生でよくないことが起こる年」というイメージがある一方で、将来への躍進の好機と捉えることもできます。

 また一説に厄は「役」に通じ、神様をおまつりする役にあたる年齢なので、身を慎む1年だとする説もあります。厄払いの行事としては、お正月に神社やお寺でご祈祷を受けたり、地域の祭礼とあわせてお祓いをしたり、身に付けるものをわざと落としてくるなど、地域によってさまざまな厄除けの伝承があります。現代の人々にも「厄年」の感覚が根強いのは、厄年が現代社会にあっても人生の転機となる年齢に重なるからかもしれません。

厄年表(数え年)

厄年年令*厄年の数え方

注意しなければいけないのは、厄年は「数え年」で数えます。「数え年」は生まれた年が満1歳です。

つまり、お正月を迎えると1つ年をとります。例えば、数え年では12月に生まれた赤ちゃんは、翌月の元旦に2歳になります。



「鬼は外」で厄払い

 節分の豆まきも、実は厄払いの一種です。節分というと現在は2月の節分を指しますが、もともと季節の変わり目を指す言葉です。季節の変わり目には疫病など災いがやってくると考えられていました。豆まき行事が現在まで残っているのは、2月の節分が冬から春へと変わる立春の前日にあたり、特に重視されたためと考えられます。

 炒った豆をまくのは、この時期にやってくる鬼の目をつぶすためとか、豆=魔滅につながるという説があります。また一方では、豆を家の内外にまくのは清めのためであり、自分の年の数だけ豆を食べるのは、神様の宿る豆を食べることでその力を体内に取り入れ、1年の無病息災を願うためだともいわれます。地方によってはいわしの頭をひいらぎの枝に刺して門口に飾りますが、これは鬼が嫌うためだとされています。

疫病神はもてなして、帰っていただく

 疫病神(やくびょうがみ)とは疫神(えきしん)と厄神(やくしん)のことで、流行り病をはじめさまざまな災厄を運んでくる神とされました。医療技術の発達していなかった時代、目に見えないまま広がってゆく伝染病は人々にとって脅威でした。春、花が散るのと一緒に疫神が飛び散るとされ、これをしずめるための祭りとして、奈良県の大神(おおみわ)神社とその摂社、狭井(さい)神社では4月18日に鎮花祭(はなしずめのまつり)が行なわれます。また6月と12月に、京都では「道饗祭(みちあえのまつり)」として、都の四隅から疫病神が都に入ってくるのを防ぐため、路上でもてなして返してしまうという神事が行われていました。疫病神をおまつりすることで、かえって災厄を防いでもらおうという考え方は、日本特有の信仰といわれています。