供養について

供養は日本文化の源

神様のおまつりと、先祖のおまつり

供養供養というと、まずお墓が思い浮かびますね。春・秋のお彼岸と、お盆にお墓へ参って先祖を供養するのは、現代に生きる私たちにとっても身近な慣習です。これらは仏教の慣習と思われているかもしれませんが、実はそうでもありません。日本古来の信仰(神道)では、もともと神まつりと先祖まつりがあって、お正月は神様(トシ神様)をおまつりし、夏は先祖の霊をおまつりしていたのです。そこに仏教の盂蘭盆(うらぼん)の説話※1)が伝わり、時期が似ていたこともあって、いつの間にか両者が合体して、呼び方も盂蘭盆にちなんで「お盆」となりました。


※1)盂蘭盆のエピソード

お釈迦様の弟子の1人に、目連(もくれん)という人がいました。この人は遠くの物事を見通す神通力がありました。あるとき、目連は両親を供養するために、死後の世界を見てみると、なんと自分の母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいるではありませんか。お釈迦様に相談すると、7月15日に多くの僧が集まるので、その僧たちに食事を供えて母の追善供養を頼むように、といわれました。僧たちに食事をお供えし、読経を頼んだところ、餓鬼道に落ちていた母を救うことができた、ということです。


人は死んだら、どこへ行くのか ~仏教と神道の死生観~

蓮の花 親しい人や身内の人が亡くなった時など、ふと「人は死んだら、どこへ行くのだろう」と考えたことはありませんか。
 仏教の死後の理想は、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天)という6つの世界を生まれ変わる輪から脱出して、極楽浄土に行くことです。何度も何度も生まれ変わるのは、執着が強いためとされます。この執着を断ち切った時に、二度と生まれ変わることなく、極楽で「成仏」できるというわけです。一方、神道では死んだあとも霊魂は不滅であるとされ、亡くなった人の魂は、ずーっと子孫たちを見守り続けます。そして子孫たちは、守ってもらうお礼に、祖先の魂を丁寧におまつりするというわけです。

気持ちが大切です

 よく災難を避けるためには「先祖供養と親孝行」って言いますね。こうして見てくると、仏教であれ、神道であれ、先祖供養は昔から大切にされてきたということです。普段は忘れがちになってしまう分、せめてお盆とお正月だけでも「守ってください」とお願いしておくと、「イザ!」という時に助けてもらえるかもしれません。やはり、ふだんの心がけが大事ですね。